車の板金塗装について深堀り!

query_builder 2024/07/05
この記事では、車の板金塗装について詳細に解説します。一般的な工程や選ぶべき塗装の種類、さらには自分でやる場合の注意点やメンテナンス方法まで、あなたが必要とするすべての情報がここにあります。
マイスター
ロゴ
お客様の車両を丁寧に修復する板金塗装では、新車のような仕上がりを目指します。専門のスタッフが、損傷部分の正確な修理と美しい塗装を行い、春日井市にて車両の価値を高める施工を実施いたします。
マイスター
住所:

〒486-0923

愛知県春日井市下条町1丁目2-9

電話番号:
0568-54-4833

板金塗装とは

まずは基本から。板金塗装とはどのようなものなのか解説します。

板金塗装の定義

板金塗装は、車体のデントや傷を修復し、その上から新たに塗装をする作業を指します。車には様々な外部要因によって生じる傷や凹みがついてしまうことがありますが、板金塗装によってこれらの修復が可能となります。例えば、駐車時のぶつけや小さな事故による衝突などで生じるデントやヘコミ、あるいは石や枝などによる傷が板金塗装の対象となります。また、板金塗装は単に修復を目的とするだけでなく、美観を保つことや腐食や錆びから車体を守ることも重要な役割です。塗装は、車体に塗られている塗膜が劣化したり傷ついたりすることによって起こる問題を解消するためにも行われます。これによって、塗膜が剥がれたり錆びたりすることを防ぐことができます。板金塗装は、車体の外観を美しく保つだけでなく、車の寿命を延ばし、リセールバリューを高める重要な作業といえます。修復や塗装の技術や手法は進歩しており、最新の技術を駆使することで、高品質な仕上がりを実現することができます。板金塗装は車のメンテナンスの一環として必要不可欠な作業であり、車の美観や耐久性を保つために重要な役割を果たしています。

板金塗装の目的

板金塗装の目的は、車体の美観を保つだけでなく、車体を錆びや腐食から守ることでもあります。まず、美観を保つためには、車体に生じたデントや傷を修復する必要があります。車は日常的に使用されるため、駐車時や走行中にさまざまな外部要因によって傷がつくことがあります。これらの傷が目立つと、車の外観にダメージを与え、見た目の印象を損なってしまいます。板金塗装は、デント修復や傷の補修を行うことで、車体を元の美しい状態に戻す役割を果たします。

また、板金塗装は車体を錆びや腐食から守るためにも重要な作業です。車はさまざまな環境下で使用されるため、様々な外部要因によって車体が腐食や錆びてしまう可能性があります。特に、塗装の剥がれや傷がある状態では、水や空気中の湿気が車体内部に侵入し、腐食や錆びの原因となります。板金塗装によって車体表面にコーティングを施し、車体を保護することができます。適切な塗装によって、車体表面に防水や耐久性のあるバリアを形成し、錆びや腐食から車体を守ることができます。

さらに、板金塗装は車体のメンテナンスにおいても重要な役割を果たします。車は長い間使用すると、塗装が劣化したり傷がついたりすることで、外観や保護機能が低下してしまいます。板金塗装によって塗膜を新たに施すことで、車体の保護性能を回復させることができます。また、板金塗装を定期的に行うことで車体の寿命を延ばし、リセールバリューを高めることもできます。

総合的に見ると、板金塗装は車体の美観を保つだけでなく、車体の保護や耐久性の向上、メンテナンスなど、さまざまな目的を果たしています。板金塗装は車の外見だけでなく、車の寿命や価値を向上させる重要な作業であり、車を長く愛用するために欠かせないものといえます。

板金塗装の工程

板金塗装には一連の手順があります。ここでその手順を見ていきましょう。

デント修復

デント修復は、板金塗装の最初の工程として行われます。車体に生じたデントやヘコミを修正するための作業です。デント修復は、車の外観を美しく保つだけでなく、車体の機能や耐久性を高めるためにも重要です。

デント修復のためには、車体に生じたデントやヘコミの程度に応じて適切な修復方法を選択する必要があります。小さなデントの場合は、専用のハンマーやドーリーなどの道具を使って車体を叩いたり押し出したりすることで修復を行います。これによって、デントの凹みを元の形状に近づけることができます。

一方、大きなデントや複雑な形状のデントの場合は、より専門的な修復方法が必要です。こうした場合には、板金修理技術を持つプロの技術者が必要となります。プロの技術者は、デント修復専用の道具や機械を使ってデントを修正することができます。例えば、デントプルやスポット溶接機などの専用機材を使用することで、デントを効果的に修復することができます。

デント修復は、正確な技術と経験が求められる作業です。デントの形状や位置によっては、塗装が必要な場合もあります。そのため、修復作業を行う際には、板金技術だけでなく塗装技術も併せ持ったプロの技術者に依頼することが重要です。専門家の手で修復を行うことで、車体の外観を元の美しい状態に戻すだけでなく、車体の強度や耐久性を保ちながら修復することができます。

デント修復は、車体のデザインや外観に大きな影響を与える作業です。デントがあると、車の美しさや印象にダメージを与えてしまいます。そのため、デントが生じたら早めに修復することが重要です。デント修復はプロに依頼するのが一般的ですが、小さなデントであれば自分で修復することも可能です。自分で修復する場合は、適切な道具や方法を使用しながら慎重に作業を進めることが重要です。

塗装

デント修復が終わった後は、塗装作業が行われます。塗装には、車体を保護し美しい仕上がりを実現するための重要な工程です。塗装にはいくつかのステップがあります。

まず、塗装の前に下地処理が行われます。下地処理では、デント修復や傷の補修部分を平滑にし、塗料が密着しやすくするための作業です。デント修復の痕跡や凹みを均一な状態に整えるために、研磨や光沢剤を使って表面を滑らかにする必要があります。

次に、塗装の色を選びます。車のオリジナルカラーに合わせて塗装する場合もありますが、自分の好みやイメージチェンジのために新しい色を選ぶこともできます。塗装の色は、車の個性やスタイルを表現する重要な要素ですので、慎重に選ぶことが求められます。

塗装作業では、スプレー塗料やスプレーガンを使用して塗装を行います。塗装の際には、均一な塗りムラのないように注意が必要です。車体全体を一度に塗装する場合もありますが、車の大きさや形状によっては、複数回に分けて塗装することもあります。適切な塗料の量と塗装の厚みを調整することで、美しい仕上がりを実現することができます。

塗装後は、塗料が十分に乾燥するのを待ちます。塗料の乾燥時間は、環境や塗料の種類によって異なりますが、一般的には数時間から数日かかることがあります。十分に乾燥しないまま車を使用すると、塗装が傷ついたり、塗料がはがれたりする恐れがありますので、注意が必要です。

塗装作業が完了したら、デント修復や傷の修復部分が美しく仕上がっているかを確認しましょう。仕上がりに不備やムラがある場合は、修正する必要があります。

塗装作業は専門的な知識や経験が必要な作業ですので、プロの技術者に依頼することが一般的です。プロの技術者は、適切な塗料を選び、均一な塗りムラのない仕上がりを実現することができます。しかし、自分での塗装作業にチャレンジする場合は、注意深く作業を進め、塗料の適切な使用方法や乾燥時間についての知識を持つことが重要です。

板金塗装の塗料選び

塗料の種類により塗装の仕上がりや耐久性が変わります。詳しい情報を紹介します。

水性塗料と溶剤塗料

板金塗装で使われる主な塗料には、環境に優しい水性塗料と、強い光沢と耐久性を持つ溶剤塗料があります。

まず、水性塗料は、水を基にした塗料であり、有害な揮発性有機化合物(VOC)をほとんど含まないため、環境にやさしい塗料として注目されています。水性塗料は、塗装作業時の揮発物の発生や匂いの問題を軽減し、作業者の健康への影響も低減できます。また、水性塗料は速乾性が高く、塗装作業の効率を向上させることができます。さらに、水性塗料は塗装面のクリアさや色の鮮やかさを実現するため、美しい仕上がりを実現することができます。

一方、溶剤塗料は、有機溶剤を基にした塗料であり、強い光沢や耐久性を持つ特徴があります。溶剤塗料は、塗装面に艶やツヤを与えることができるため、車の美観を高めることができます。また、溶剤塗料は水性塗料に比べて耐候性に優れており、長期的な耐久性を確保することができます。さらに、溶剤塗料は水性塗料よりも幅広い色のバリエーションがあり、多様なカラーリングの実現が可能です。

水性塗料と溶剤塗料の選択は、塗装の目的や環境条件によって異なります。水性塗料は、環境への配慮や作業効率の向上を求める場合に適しています。一方、溶剤塗料は、耐久性や光沢を求める場合に適しています。また、車の年式やボディの形状、個々の好みに応じても選択が異なる場合もあります。

最近では、環境への意識の高まりや法規制の強化により、水性塗料の使用が増えてきています。多くの自動車メーカーや塗装業者も、環境に配慮した水性塗料を積極的に導入しています。

塗料選びの際には、事前に専門の知識を持った塗装業者に相談することが重要です。車両の状態や用途に応じた最適な塗料を選択し、車体の美観と耐久性を両立させることができます。

塗料の色の選び方

塗料の色の選び方には、自身の好みやスタイルだけでなく、車の年式やボディの形状なども影響を与えます。塗料の色を選ぶ際には以下のポイントに注意すると良いでしょう。

まず、自身の好みやイメージを考えましょう。自分が乗る車の色には、個々人の好みが大きく影響します。自身のスタイルや個性を表現したい場合には、自分が魅力を感じる色を選ぶことが重要です。また、カラーリングによっては車の存在感や印象も大きく変わるため、自分のスタイルに合ったカラーを選ぶことが大切です。

次に、車の年式やボディの形状を考慮しましょう。車の年式やボディの形状によって、ある色がより映える場合があります。例えば、クラシックカーなどのヴィンテージな車には、レトロなカラーが似合うことがあります。また、スポーティなデザインの車体には、派手なカラーが似合うこともあります。車の特徴やスタイルに合った色を選ぶことで、ボディのデザインを引き立たせることができます。

さらに、周囲の環境や用途を考慮しましょう。車を使用する環境や用途によっては、特定の色の選択が求められることがあります。例えば、商用車やタクシーなどは、ビジネス用途を考慮して落ち着いた色が好まれることが多いです。一方、エンデューロバイクやスポーツカーなどのモータースポーツ用途では、目立つカラーリングが一般的です。

最後に、塗料の持つ耐久性や劣化のリスクにも注意しましょう。色は日光や気候によって劣化しやすく、経年変化を起こす可能性があります。特に明るい色や特殊な色は、経年による色あせや変色が目立つことがあります。耐久性や劣化のリスクを考慮しながら適切な塗料を選ぶことで、長く美しい状態を保つことができます。

塗料の色の選び方は、個々人の好みや車の特徴によって異なります。自身のスタイルや車の特徴、環境や用途を考慮しながら、自分にとって理想的な色を選ぶことが重要です。また、塗料の耐久性や劣化のリスクにも配慮し、長期的な美しさを保つための選択を行いましょう。

自分で行う板金塗装

自分で板金塗装を行う場合の注意点と手順を解説します。

自分でやるメリット

自分で板金塗装を行うメリットはいくつかあります。まず一つ目のメリットは、費用の節約です。板金塗装は専門的な作業ですので、専門業者に依頼すると費用がかかります。しかし、自分で行う場合は、専門業者に支払う費用を節約することができます。

二つ目のメリットは、自分の手で車を直す達成感です。自分の手で車のデントを修復し、塗装を行うことで、自分の腕と技術によって車を元の美しい状態に戻すことができます。この達成感は、自信や満足感を与えてくれます。

また、自分でやることで、作業のタイミングやスケジュールを自由に調整することができます。専門業者に依頼すると、予約や待ち時間が生じる場合がありますが、自分で行えば、自分の都合に合わせて作業を進めることができます。

さらに、自分で板金塗装を行うことで、必要な道具や材料を自分で選ぶことができます。自身のニーズや予算に応じて最適な道具を選ぶことができますし、自分の好みに合わせた塗料やカラーを選ぶこともできます。

以上のように、自分で板金塗装を行うことには費用の節約、達成感、自由なスケジュール管理、道具や材料の選択の自由といったメリットがあります。ただし、板金塗装は専門的な技術や知識を要する作業ですので、注意が必要です。安全対策や作業手順について十分に理解し、慎重に取り組むことが重要です。必要なスキルや経験がない場合は、専門業者に依頼することを検討してください。

安全対策

自分で板金塗装を行う際には、安全対策を十分に考慮することが重要です。安全対策を講じることで、作業中の事故やケガを防ぐことができます。

まず、作業場所の安全を確保しましょう。屋内や風のない場所で作業を行うことが推奨されます。風のある場所では、塗料や薬品の飛散や塗料の乾燥がうまく行われないことがあります。また、換気も重要です。有害な揮発物が発生する塗料や溶剤を使用するため、十分な換気を確保しましょう。狭いスペースでの作業の場合は、換気扇やマスクなどを使用して有害物質の吸入を防ぐようにしましょう。

次に、適切な保護具の使用が必要です。目や皮膚を保護するために、ゴーグルや手袋、作業着などの適切な保護具を着用しましょう。特に塗料や薬品を取り扱う際は、皮膚への直接の接触を避けるために手袋を使用することが重要です。

また、火気の使用にも注意が必要です。塗料や溶剤は引火性がありますので、作業場の周囲には火気を使用しないようにしましょう。また、火気警報器や消火器を準備して、火災や事故に備えることも重要です。

さらに、作業方法にも注意を払いましょう。作業中は集中力を保ち、慎重に作業することが重要です。道具や塗料の取り扱い、作業の手順を正しく理解し、安全に作業を行いましょう。必要なスキルや知識が不足している場合は、作業を中断し専門業者に相談することをおすすめします。

自分で板金塗装作業を行う際には、安全対策を正しく実施しましょう。作業場所の安全確保、適切な保護具の使用、火災や事故に備えた対策、正しい作業方法の実施などが重要です。安全を最優先に考え、事故やケガを防ぐために、慎重な作業を心がけましょう。

プロに依頼する板金塗装

プロに依頼するときのポイントを紹介します。

プロに依頼するメリット

プロに依頼するメリットはいくつかあります。まず一つ目のメリットは、専門的な知識と経験を持つプロによる作業が期待できることです。板金塗装は専門的な技術や知識を要する作業ですので、プロの技術者に依頼することで、高品質な仕上がりを期待することができます。プロは車のデント修復や塗装において豊富な経験を持ち、最適な手法や塗料の選択、作業の手順を適切に行うことができます。

二つ目のメリットは、時間と労力の節約です。板金塗装は手間のかかる作業ですので、自分でする場合には膨大な時間と労力がかかることがあります。しかし、プロに依頼することで作業時間を短縮し、自身の時間や労力を節約することができます。プロの技術者は効率的に作業を進めることができるため、迅速な対応が期待できます。

さらに、プロに依頼することで、作業の品質や保証が確保されます。プロの技術者は高品質な作業を提供し、満足のいく仕上がりを追求します。また、プロによる作業には保証が付く場合もあり、万が一のトラブルや修正が必要な場合でも、迅速かつ適切な対応が期待できます。

最後に、専用の設備や道具を使うことができる点もメリットです。プロの塗装業者は、板金塗装に必要な専用の設備や道具を備えています。これによって、より高品質な塗装を実現することができます。また、プロの業者は塗料の種類や色選びについても豊富な知識を持っており、最適な塗料を選ぶことができます。

プロに依頼することで、専門的な知識と経験、効率的な作業、品質の保証、専用の設備や道具の活用といったメリットを享受することができます。板金塗装の品質と耐久性を求める場合や、自身の技術や経験に自信がない場合は、プロの技術者に依頼することをおすすめします。

料金・見積もりの確認

プロに依頼する際には、料金や見積もりの確認も重要なポイントです。料金は、作業内容や複雑さ、使用する材料などによって異なるため、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

まず、複数の業者から見積もりを取ることで、適正な価格を把握することができます。業者によって料金が異なる場合がありますので、金額だけでなく、提供されるサービスや品質についても比較検討することが重要です。見積もりには、作業内容や塗装に使用する塗料の種類、作業期間などの詳細が含まれているため、これらを確認することで、自身に合った業者を選ぶことができます。

また、見積もりを受ける際には、料金の内訳や追加費用についても明確に確認しましょう。作業中に予期せぬ追加費用が発生する場合がありますので、事前にしっかりと確認することが大切です。追加費用が発生する可能性がある場合や、予算に制約がある場合は、その点についても業者と話し合い、合意を得ることが重要です。

また、料金だけでなく、業者の信頼性や実績についても考慮しましょう。過去の顧客の評判や口コミ、業者の評価などを調べることで、業者の信頼性や品質についての情報を得ることができます。信頼できる業者を選ぶことで、安心して作業を依頼することができます。

料金や見積もりの確認は、プロに依頼する際に欠かせないポイントです。適正な価格を知り、サービスの内容や品質を比較検討することで、自身に合った業者を選ぶことができます。また、追加費用や業者の信頼性についても確認し、安心して作業を進めるためにも重要なステップです。

板金塗装を長持ちさせるメンテナンス方法

板金塗装は正しくメンテナンスすることで長持ちします。その方法を紹介します。

洗車の重要性

洗車は、板金塗装のメンテナンスにおいて非常に重要な役割を果たします。定期的な洗車は、車の美観を保つだけでなく、塗装面に付着した汚れや鉄粉から車体を守るためにも必要です。

まず、洗車によって車の外観が美しく保たれます。車は日常的に使用することで、様々な外部要因によって汚れが付着します。鳥のフンや樹液、虫の死骸、埃などは、時間が経つと塗装面に吸着し、外観を損なってしまいます。定期的な洗車によってこれらの汚れをしっかりと落とし、車の美しさを維持することができます。

さらに、洗車は車の塗装面を保護するためにも重要です。汚れや鉄粉が塗装面に付着したまま放置すると、塗装面に傷や変色を引き起こす恐れがあります。特に、鉄粉は車の鉄製パーツが錆びる原因となることがあります。定期的な洗車によって、これらの汚れや鉄粉をしっかりと除去し、車体を保護することができます。

また、洗車は安全運転にも関わっています。汚れたガラスやミラーは視界を妨げ、交通事故の原因となる可能性があります。洗車によって視界をクリアにし、安全な運転環境を確保することが重要です。

洗車の頻度は、使用状況や環境によって異なりますが、一般的には1週間に1回程度の頻度で洗車することが推奨されます。特に雨の後や汚れの多い季節は、汚れが付きやすいため、より頻繁に洗車することが重要です。

総じて言えば、洗車は車の美観を維持するだけでなく、塗装の保護や安全運転にも大きく関わる重要なメンテナンス作業です。定期的な洗車を行い、車の美しさを持続させながら、車体をしっかりとケアしましょう。

ワックス掛け

洗車に加えて、ワックス掛けも車の板金塗装を長持ちさせるために重要なメンテナンス方法です。ワックス掛けによって塗装面にコーティング層が形成され、車体の保護や塗装の劣化を防ぐことができます。

ワックスは車の塗装面を保護し、外部からの汚れや物理的なダメージから守る役割を果たします。ワックスは細かなつや出しやスムーズな触り心地を与えるだけでなく、塗装面に薄いコーティング層を形成して、外部要因からの攻撃を防ぐ役割も担っています。

ワックス掛けの手順は比較的簡単です。まず、洗車を行い、車体を清潔な状態にします。その後、ワックスを適量を取り、布やスポンジなどで均一に車体全体に塗布します。注意点としては、少量のワックスを使って段階的に塗布し、皮膜ができないようにすることです。また、車のマスキングやプラスチックパーツへのワックスの付着に注意することも重要です。

ワックスは、洗車後の車体が完全に乾燥した状態で行うことが理想です。乾燥していない車体にワックスを塗布すると、ムラや白く残る場合があります。塗布後は、クリーナークロスやワックス専用のマイクロファイバークロスを使用して、均一に拭き取ります。

ワックス掛けは定期的に行うことが推奨されています。使用するワックスの種類や効果の持続性によって異なりますが、一般的には3ヶ月から6ヶ月ごとにワックスを施すことを目安にしましょう。ただし、使用するワックスのメーカーや製品によっても異なるため、取扱説明書や注意書きをしっかりと確認することも重要です。

ワックス掛けは、洗車と合わせて行うことで車の塗装面を保護し、美観を維持するために効果的な方法です。しっかりと手順を守り、適切なワックスを使って車体にコーティング層を形成しましょう。

板金塗装のトラブルと対処法

板金塗装にはトラブルもつきものです。それぞれの対処法を解説します。

塗装がはがれる

塗装がはがれる原因としては、下地処理の不十分や、塗料の乾燥時間が不足している可能性があります。下地処理は、塗装をする前に十分に行われるべき工程です。デント修復や傷の補修を行う際に、表面をきれいに均一に整えることが重要です。下地が不十分だと、塗料が密着せず、剥がれやすくなる原因となります。

また、塗料の乾燥時間も重要です。塗料を均一に塗布し、充分に乾燥させることが必要です。乾燥時間が不足していると、塗料層が十分に硬化せず、はがれやすくなる可能性があります。特に多層塗装の場合は、乾燥時間を十分に確保することが重要です。

その他の原因としては、塗料の品質や塗布時の気温や湿度などの環境要因が考えられます。低品質な塗料を使用した場合や、作業環境が悪い場合は、塗膜の剥がれやすさが増す可能性があります。

塗装がはがれた場合には、再度塗装を行うか専門業者に相談することをおすすめします。塗料の品質や下地処理、塗料の乾燥時間などを適切に調整し、再発防止に努めることが大切です。専門業者に相談する際には、原因を特定し、適切な修復策を提案してもらいましょう。

塗装がはがれると車の外観が損なわれ、錆びや腐食のリスクも高まるため、早めの対処が必要です。プロの技術と知識を活用し、再度の塗装や修復を行うことで、車体の美しさと耐久性を保つことができます。

塗装が泡立つ

塗装が泡立つ原因は、塗料が古くなったり、乾燥状態が悪いことが考えられます。古い塗料は成分の劣化が進んでしまい、泡立ちや均一な塗装面の形成が困難になることがあります。また、湿度の高い環境下での塗装や、塗料が十分に乾いていない段階での後処理なども泡立ちの原因となります。

塗装が泡立つ場合には、まずは塗料の状態をチェックしましょう。古い塗料や質の悪い塗料を使用している場合は、新しい塗料に切り替えることを検討しましょう。さらに、気温や湿度を把握し、塗装作業の際には適切な環境下で作業を行うことも重要です。湿度が高い場合は特に注意が必要であり、湿度の低い日に作業を行うことが望ましいです。

また、塗装作業後には十分な乾燥時間を確保しましょう。塗料の乾燥時間を守ることは、均一な塗装面を形成し、泡立ちを予防するために重要です。塗料の乾燥時間は環境や塗料の種類によって異なるため、塗料メーカーの指示に従いましょう。急いで作業を進めることは、逆に問題を引き起こすことになります。

塗装が泡立つ問題が発生した場合には、専門業者に相談して適切な対処方法を求めることが重要です。プロの技術者は、塗料の選択や乾燥時間の管理など、泡立ちの原因を特定し、修正するための適切な手順を踏むことができます。

塗装が泡立つことは期待通りの仕上がりを妨げるだけでなく、耐久性や塗装の美観を損なう原因となります。問題が起きた場合には、的確な対処を行い、再発防止に努めましょう。

まとめ

これまでの内容を簡潔にまとめます。

板金塗装の大切さ

板金塗装は車の美観を維持するだけでなく、車体の保護もしてくれる重要な作業です。車にはさまざまな外部要因によって傷や凹みがついてしまうことがありますが、板金塗装によってこれらの修復が可能となります。また、塗装は車体を錆びや腐食から守る役割も果たします。適切な板金塗装によって車の外観を美しく保ちながら、車体の寿命を延ばすことができます。板金塗装は車のメンテナンスの一環として欠かせない作業であり、愛車を長く美しく保つために大切な役割を果たします。

自分でやるかプロに依頼するか

自分で板金塗装を行うか、プロに依頼するかは経験やスキル、時間、費用などのバランスによって選択されます。自分でやる場合は節約や達成感を得られますが、専門知識や道具の準備、安全対策などが必要です。一方、プロに依頼すると専門的な技術や経験に頼ることができ、高品質な仕上がりや時間と労力の節約が期待できます。自分の能力や条件、予算に合わせて判断し、安全かつ満足度の高い結果を得るために、適切な選択をすることが重要です。

マイスター
ロゴ
お客様の車両を丁寧に修復する板金塗装では、新車のような仕上がりを目指します。専門のスタッフが、損傷部分の正確な修理と美しい塗装を行い、春日井市にて車両の価値を高める施工を実施いたします。
マイスター

〒486-0923

愛知県春日井市下条町1丁目2-9

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG